☆Vegeがんも☆ チャヴィペルト有機パクチー

こだわりの農家さんたちの野菜でベジがんもを作りたいのですがお願いできないでしょうか~?

国産大豆で手づくりのこだわり豆腐をつくる藤屋さん。

出会いはノンエチレンで生きてるもやしをつくっている飯塚商店の飯塚さんからのご紹介でした。

他の豆腐屋はやらない、うちの得意分野ですね!

そんな心強いお返事にこれはすぐさま作戦会議に行くしかない!と向かったのは埼玉県入間郡越生町。駅を降りてすぐ大きな看板。そうここは江戸城の元祖太田道灌生誕の地。室町時代後期の武将で江戸城を築城したことで有名で武将としても学者としても一流という定評があっただけに、謀殺されてこの世を去った悲劇の武将。

東武東上線越生駅降りてすぐ太田道灌の看板が

のどかでいいところだな~とさらに歩いていると

思わずピンク?!にひき込まれて

え?ここは何屋さん???

見渡す限りド!ピンク~(笑)そして摩訶不思議な巨大グッズがゴロゴロと~置いてある。ついつい引き込まれて中へ入ってみると。ピンクのヘルメットかぶった従業員さんに出会い、ここは何ですか?酒造って書いてありますが酒蔵さんですか?????そこにいる社長にきいてごらん!と振り向くと、またもやピンクのユンボに乗ったピンクのタオルをまいたただならぬおじさんが(笑)エンジンを止めて質問に応えてくれるので悪い人ではなさそう。敷地内にはピンクのトラックやショベルカーもあり、ここはこのおじさんが社長の神辺土建の物置場とのこと。たくさんのポストと観音菩薩像や遊具がコレクションされており混沌とした状態。神辺さんはジャンルの垣根を越え、様々なものに興味を持つ御仁でいずれは資料館を作り、寄付したいという。アド街ック天国でもとりあげられたからそれを見てみろとしきりに言って何と名刺までくれた。その名刺もドドドピンク!そして私の服がピンクなのにもこのとき気づきピンクの神様のご縁でお呼ばれしたと解釈して楽しいひとときをあとにして先へすすむことにしました。

越辺川と書いて”おっぺがわ”

一級河川の越辺川(おっぺがわ)

越生町黒山から川島町落合橋まで約30kmの一級河川。東松山市の高坂橋付近で高麗川が流れ込み、落合橋近くで入間川と合流し最終的には荒川に流れ込む。おっぺがわという名前はアイヌ語から出ているという説があり「お」は「持つ」という意味で「豊か」とか「たくさん」という意味も持っている。「ぺ」は「川」を意味する。これからすると「豊かな川」というのが越辺川の本来の意味らしい。本当に自然が豊かなところで歩いているだけで浄化されまた来たいなと思いながら川沿いをずっとずっと歩いていく。有名な梅林もあるというがあまりに寄り道しすぎてしまい、駅から20分のところが1時間以上経過しているのでひたすら目的地へ。

越生こだわりとうふ藤屋

今からさかのぼる事…昭和60年代のバブル期、藤屋食品もバブルの渦中におり、大量生産、大量消費、低価格競争の流れの中で工場を建て替え24時間フル稼働。お得意様はスーパーマーケットへの卸業者のさら下請け。取引基準はもちろん価格。味は二の次、より安く、よりたくさん豆腐を効率よく作るため、日々努力をしていたそうです。そして迎えたバブル崩壊。小さな町工場の豆腐屋にも大きな被害をもたらし取引先は次々と倒産、取引停止…。作っている豆腐は味の薄い「豆腐」とは名ばかりの白い四角い食べ物…。何かが、何かが違う…。

そんな時でした、あるお客様からこんなことを聞かれました…国産の手づくり豆腐は作れないの?まさに、天からおりてきた一筋のくもの糸!

『これだ!これが豆腐職人として本当にやりたかったことだったんだ!!』

ここから、本物の豆腐作りに向けて闘いの日々が始まり休日返上で美味しいと言われている全国各地の豆腐屋をめぐり、同時に日本全国の大豆の中から「藤屋の味」がだせる大豆を厳選。豆腐を固めるにがり伊豆大島産のものを取り寄せました。そして、なによりもこだわったのは、選んだ大豆の味を引き出す造り方。豆腐は1秒、1グラム、1度の差で味が大きく変わります。当然ながら失敗の連続…。しかし諦めなかったのは「美味しい豆腐をつくりたい!」という豆腐職人の誇りでした。

そしてついに平成13年7月1日に豆腐製造直売所越生こだわりとうふ「藤屋」が誕生しました。

直売所を開いて19年。『お客様の食卓に笑顔を飾るお手伝いをする』をモットーにおいしい豆腐や豆腐スイーツをつくり、地元密着国産大豆で実直にお豆腐と作っている4代目の武藤利博さん。「越生町に藤屋があってよかった」といって頂けるお店にしていきたいと思っているそうです。

試食しながらの作戦会議スタート~! 生or茹で?

ふんわりふわふわ♪断然”生”☝パクチー香がたまらない!

国産大豆、やまいも、チャヴィペルトの有機パクチーのシンプルイズベスト☝

今回のがんもベジ☆~チャヴィペルトの有機パクチー~

都市農業の期待のホープ☆有機農園を営むチャヴィペルトhttp://www.chavipelto.co.jp/

こだわり豆腐職人の腕のみせどころ

越生こだわりとうふ藤屋http://otoufuyasan.com/

トースター+生醤油♪ もうたまりませ~ん!

さぁ~みなさんもベジませ!パクチーがんも😋

今回のvegeがんも(有機パクチー)は愛の野菜伝道師がセレクトした旬の野菜セット

ベジバルーン(6月)https://balloon.mirakuru-food.com/items/29508323に入っておりますので是非この機会にご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です