~綾部農家民宿訪問記③~ 2022年1月14日~16日

愛の野菜伝道師小堀です♪

前回に続き、綾部農家民宿訪問記、3日目の訪問記です♪

~農家民宿3軒目【月あかり】~

HP:https://www.ayabe-kankou.net/inn/tukiakari/

京都府綾部市下原町野毛100-1

オーナー夫婦:吉田光広さんご夫妻

2011年に滋賀県から移住

畑1反、米1反、果樹園

庭:中庭に和風庭園があり月あかりの眺めが最高

名物:天日干しハザかけ米、手づくり調味料、自然栽培の旬の野菜やフルーツ

体験:綾部むすび体験、農作業体験、里山散策、そば打ち体験、自家野菜を利用した家庭料理

オーナーの夢:小麦も自家製へ!目指せ!すべての食材を自給自足に。

       おいしいものを食べて、縁側で月あかりの下、のんびりと語り合いましょう。

~野菜から調味料までも手づくりにチャレンジするおしどり夫妻~

最終日のランチも農家民宿で楽しもう~!

と言うことでJR山家駅から由良川沿いを歩いて15~20分。

綾部の農家民宿で唯一歩いていける宿「月あかり」さんで″綾部むすび“体験ランチへ。

~綾部むすび体験とは?~
京丹後エリアは、大陸の先進文化がいち早く伝わったといわれ、「和の源流」といわれており、歴史を遡れば、日本の稲作発祥の地の神話も残る知る人ぞ知る「米どころ」です。昔ながらの田園風景や美しい里山に囲まれた綾部は、豊かな水源と澄んだ空気、肥えた土地に恵まれ、中山間地域ならではの朝夕の寒暖差が、よりおいしいお米を育みます。

綾部の風土を知り尽くした料理人が一つひとつ愛情を込めて握る「綾部むすび」は、生まれるべくして生まれたとも言える珠玉の産品です。「綾部むすび」のお店ではそれぞれに違ったおいしい「綾部むすび」が食べられ、農家民宿では綾部むすび体験ができるところがあります。

どんなオーナーさんがいるのだろう?

愛:こんにちは。愛の野菜伝道師と言います。今日は綾部むすび体験に来ました。宜しくお願いします。

~この日の昼の献立~

①栗ごはんのおむすび(絹ひかり 自然栽培はざかけ米)
②京芋の焼きコロッケ
③自家採れ野菜の自家製ドレッシングサラダ
④スズキと野菜、こんぶの天ぷら
⑤ゆず大根
⑥黒豆
⑦青豆のおからの梅仕たて(干し柿+梅酢)
⑧自家製青豆味噌のお味噌汁
⑨完熟梅の寒露煮と渋皮栗 コーヒー

吉田さん奥様(月あかりオーナーの奥様 以下、奥):はい!お帰りの電車の時間もありますし、早速、おいしい綾部むすびを教えますね。  

土鍋の蓋をあけると

愛(小堀 以下、愛):わぁ栗ごはん!!! 栗がたっぷり、おいしそう!

吉:お米は、私たちが育てている絹ひかりという品種で天日干し、はざかけ米です。

  栗も私達の果樹園のものです。

愛:素晴らしい!!! 

奥:早速ですが、手に水をつけて、好きな大きさになるように適量、栗ごはんをのせて優しく、
ふんわりとむすんでください。あとは海苔をまいてできあがりです。横に季節のお花、ミモザと赤目猫やなぎを飾ると可愛いので是非のせてみて下さいね。

早速、元気なお母さんに続いて綾部むすびをレッツ、トライ!

三角の形がなかなか難しい~。リズムよくむすんで何とか2個できました。

愛:では、いただきま~す。栗が立派でほっくりおいしい!おむすびの器は竹ですか?

吉:手づくりの竹細工です。

愛:わぁ素敵! このサラダのドレッシングとってもおいしいですが、これも自家製ですか?

奥:そうなんです!塩レモンとりんご酢。うちは、栽培から、味噌や調味料まで何でも出来る限り自分たちでつくりたいと思っています。畑も、できる限り自家採種し、自然栽培を目指し今必死に修行中です。半ば意地です(笑)

  確かに本棚にはそれらしき本が何冊も。

奥:本格的に農業を始めて6年目。農家ってのんびり暮らせると思ったら、やることがいっぱいで毎日大忙しなんです。春になったら田んぼの準備、季節ごとの野菜の種植え~栽培、収穫、種採り。秋になると栗を拾いに行ったり、果物の収穫や農産加工品づくりなど。もう目が回りそう(笑)でも、初めて米をつくった年に、その藁でしめ縄つくった時は、”祈りを込めて”とても神聖な気持ちになり感動しました! あぁ、これが本来の暮らしなのだと。

お話しをしながらも、元気いっぱいのお母さんが台所でせっせとお料理を仕上げ揚げたての天ぷらやお味噌汁を運んできてくれました。あたたかいものはあたたかく。そのお心遣いに感動でした。

愛:このたくさんのカメラは?

オーナーの吉田さん(月あかりオーナー 以下、吉):僕のです。撮ることよりもカメラが大好きで。でも最近は近くを特急が通るから、季節ごとの畑と電車の写真など撮って楽しんでいます。

愛:何だかとっても楽しそうですね!
  ご夫婦でいろいろなことにチャレンジしていて、新たな趣味がどんどんできて素晴らしいですね!
  大忙しで大変ですが(笑)とっても活き活きしてますよ~

  おいしい心のこもったご飯、ごちそうさまでした。

 

大慌てで、予定の列車に飛び乗り東京へ。

電車の車窓を眺めながら、あぁ、またお二人に会いたい!

月あかりさんにも宿泊してみたいな。

中庭から見渡す、月あかりをぼーっと眺める✨

またきっかけつくって泊りに来よう!

今回たくさんの農家民宿にお世話になりました。

お会いする前はドキドキでしたが、そんなドキドキも忘れるぐらいあたたかく接して頂き

いつの間にか溶け込んでしまう、懐が深いとても素敵なご家族ばかりでした。

都会で暮らしていると、何だかふと、このままの生活でいいのかな?と思う時があります。

人間らしい生活とは?豊かさとは?

そんな気づきを与えてくれる場所と出会いがここにはあると思いました。

そうだ、また来よう!

是非みなさんも、一旦止まって原点回帰してみませんか?

何か不思議なご縁がツナガルところ

綾部の農家民宿。ミラクルステーション☆

  

★綾部市農家民宿『月あかり』 https://www.ayabe-kankou.net/inn/tukiakari/

★綾部市農家民宿 https://www.ayabe-kankou.net/inn_c/?cat=farm-inn

                            愛の野菜伝道師 小堀

月あかり オーナーの吉田さんご夫妻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。